治療室ぽかぽかだより:2014年2月号(No,55) | 整体は福井の「ハッピー・治療室」へ

治療室ぽかぽかだより:2014年2月号(No,55)

image_title_pokapoka

2014年2月号 No,55(保存版)

image_pokapoka_201402

 

 

~ 頑張らないで、相談してね。~

「こんな症状、はり灸で治るのかな?」 どんな些細なことでも、聞いてくださいね。

 

 


★ やる気がおきませんが。


はりとツボ押しで、血液の循環をよくします。すると、気の流れもよくなり、エネルギーが勝手にわいてきます。身体に、こり・だるさ・痛みを感じなくても、「やる気がでない」と思うのは、身体が疲れて、循環不良のため、気力がわいてこなくなっています。

首肩腰のツボをさわれば分かります。こんな時も、教えてね。


 

★ お腹が痛くて、起きられませんが。

腹筋の肉離れです。アクションばりで、痛みの位置を確認しながら治療をします。

年末からりんごの収穫・箱詰め・運びなど、中腰の重い荷物作業が続きました。とうとう、お腹や腰に負担がきて、ベットから起き上がろうにも、お腹が痛すぎて中々起きれない状況です。

週末の荷づめ作業に向けて、連続治療で治します。


 

★ 緑内障といわれましたが。

はり治療で、視野狭窄が改善します。今回、眼科さんでの検診時、「視野欠けがよくなっています。」といわれたそうです。緑内障の中でも、眼圧が正常なタイプの方です。

緑内障は、視神経が侵されていく進行性の眼病で、最後は失明が怖い病気です。はりで、目の治療をすると、視神経の機能低下している部分が回復して視野が広がります。

 


お問い合わせ・ご相談は TEL:0776-23-3299 メール:s@happychiryo.jp