ヘルニア | 整体は福井の「ハッピー・治療室」へ

ヘルニア

ヘルニアの原因

ヘルニア

「椎間板ヘルニア」は頚椎の間にある椎間板が飛び出している状態を指します。椎間板は軟骨の一種で脊椎に掛かる重みを分散させるクッションの役目を果たします。

椎間板は「髄核」という柔らかい軟骨と「繊維輪」という硬い軟骨で構成されており、「髄核」の周りを「繊維輪」が円柱状に包み込むように形成されています。これらの椎間板は頚椎から仙骨までをつなぐ合計24個の椎骨の間に収まっています。

椎間板は25歳以上になると、水分量が減少し始め、徐々に弾力性を失っていきます。そして、老化による変性や、激しい動きによるストレスによって「繊維輪」に裂け目ができ、内部の「髄核」が逸脱して神経根や脊椎を圧迫する状態を「椎間板ヘルニア」と言います。

「椎間板ヘルニア」の直接的な原因は椎間板自体の老化による変性と、それを支える筋肉の衰えが原因であったり、姿勢の悪さから起因する背骨の歪みが原因となる場合があります。日常生活での何気ない動作が引き金になりやすく、主婦にみられる前傾の立ち姿勢が腰椎の椎間板を痛めやすいようです。

「椎間板ヘルニア」は激しい痛みを伴う事が多く、脊椎の患った箇所により症状は様々です。症状は腰椎部分での「椎間板ヘルニア」が多く、「腰椎椎間板ヘルニア」と呼ばれ激しい腰痛と下肢の神経症状を引き起こします。

次いで、頭部と首を支える頚椎部分の「頚椎椎間板ヘルニア」の症状に悩まされる患者様も多く、首痛や指先の痺れを催す症状が多く見受けられます。

ヘルニアの改善方法

ヘルニア

「椎間板ヘルニア」は背骨への負担を軽くする事により予防と再発防止をする事ができます。
椎間板は年を取るだけでも変性してしまい、ヘルニアを誘発しやすくなります。まだ、痛みを伴わないだけで既に椎間板が膨らみはじめズレを形成している事さえあります。

そして、日常生活での運動離れやクセのついた同じ姿勢維持が椎間板への負担を助長してしまい、放置しておけば椎間板ヘルニアを発症するリスクを大きくします。
なぜなら、椎間板と椎骨を支える筋肉が衰えたり、偏りのある筋肉のこり方をしているだけで背骨の姿勢維持にはストレスがかかるからです。椎間板もその影響を大きく受け、体の土台となる腰椎部分は特に負担がかかります。

従って、ヘルニアの改善には背骨を支える筋肉の適切なトレーニングが重要となります。
そのためには、体幹部を前後から支える筋肉として、前面は腹筋、背面は脊柱起立筋群をバランスよく鍛える事が効果的です。

ヘルニアの治療方法

「椎間板ヘルニア」の治療は症状の程度によりますが原則的に保存療法に重きを置きます。
患部の成り立ちにあわせた牽引療法や温熱療法を合わせた施術を行い、痛みを緩和させる事に専念します。
その後、再発防止も兼ねたリハビリを行いながら患部周りの筋肉の強化を促します。


この記事を読まれた方は、こちらの記事も読まれています。

お問い合わせ・ご相談は TEL:0776-23-3299 メール:s@happychiryo.jp

症状別に見る

症状別の一覧はこちら

お気軽にお電話ください
モバイル会員募集中
QRcode
http://happyhari.netにアクセス